イジメグループの一人一人に「目一杯幸せになってください。幸せが大きくなるほど、それを壊したときの自分の幸せも大きくなります」と手紙を書いたら・・・

スポンサーリンク

復讐と言えるほど立派なものではないけれど。

中学の頃に少々酷いイジメを受けていた。

机や椅子が校舎のいたるところに置いてあったり、

弁当箱は月一で壊され

腐った牛乳を飲まされる。

鞄が女子便所に捨ててあるのは日常茶飯事。

取りにいこうと女子便所に入っていくところを

写真に撮られて

チェーンメールで学校中に広められる。

推薦入試の前日に木工用ボンドを

頭からかけられ、制服が真っ白になったり

国道に教科書が捨てられている。

弁当や机に虫が入っていることもあった。

担任も中々ひん曲がっている先生で、

「問題を起こすな!喧嘩両成敗だ!」

と分けわからない理屈で、ボンドまみれの自分の前で

推薦書をビリビリに破いて捨てるやつだった。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。