手術の立会人におっさん!?「おっさんレンタル」の心意気に感動。。。

スポンサーリンク

まずこの「おっさんレンタル」を知らない人も多いと思いますので説明します。

おっさんレンタルとは、

イケてると勘違いしているおっさんを1時間1000円からレンタル予約できるサービスです。雑談から内緒話(笑)、パシりまで、おっさんがあなたのニーズにお応えします。

お客様が利益を得る事、お客様が幸せにならない依頼はお断りしています

おっさんレンタル ーより引用

という事だそうです。

世の中にはいろいろなサービスがありますね。

「めんたい。」さん(@mentai5)は子宮に筋腫が見つかり、手術をすることになったのですが、手術の立会人として「おっさんレンタル」を利用しました。

全身麻酔を使った手術をする時、多くの場合は立会人が必要になりますが、家族や呼べるような友人が思い当たらなかったそうです。

来てくれた男性はめんたい。さん曰く「私より生気のない47歳のおっさん」だったそうです(笑)

めんたい。さんがこれから受ける手術が子宮全摘出だということ知った男性は「子宮とっちゃうんですか?」「全身麻酔怖くないんですか?」と深刻になってしまいました。

この男性は両親を亡くして、たったひとりの妹さんも亡くなって身寄りはないとのこと。

そして男性も現在入院中で、この日のために一時退院してきたというのです。

めんたい。さんは男性の心意気を賞賛しつつも、逆に心配になってしまったそうです。

そして手術は無事終わり目が覚めると・・

全身麻酔の効力もあって手術はあっという間に終わったそうです。

目覚めると、ベッドのそばにはおっさんレンタルの男性が付き添っていてくれていました。

「連絡下さい、なんかシンドイ依頼でしたよねすいません助かりました。依頼は以上です。お体を大事に…」でまた意識がなくなった。

生気のないおっさんを心配しながらも手術室に入ると、手術室はテンションが高い人たちでいっぱい。

「ハーイ麻酔担当医でーす」「手術担当看護師でーす」「執刀医でーす」って挨拶する様はまるでアメリカのホームドラマのよう。患者をナーバスにさせないプロの努力すごい。

手術台に乗ってまな板の鯉だなって思いつつ、看護師さんたちから両手を握られてたりして「あのー全身麻酔ってうわ言いうっていうじゃないですか何言ってたか教えてk…」で意識を失った。

 

目が覚めると、おっさんがベッドのそばにいた。

「あーすいません、何時ですか体大丈夫ですかずいぶん待ったでしょう疲れたでしょう?」と言う私に(なんと言葉をかけたらいいのか…)という顔をしたおっさんがポツリと「お仕事はなにされてるんですか?」と聞いてきた。

今聞く話じゃない

 

おっさんは話下手なのか体が限界なのか、さらに真っ青だったので「前金で足りなかったら連絡下さい、なんかシンドイ依頼でしたよねすいません助かりました。依頼は以上です。お体を大事に…」でまた意識がなくなった。

おっさんの後ろ姿を見送ることはできなかった。

初めて会ったにも関わらず不器用ながらも、とても親身になってくれた男性。

めんたい。さんは、「事前にもっと相談すべきだった」「大変なことに付き合わせてしまった」と思うと同時に、深く感謝したそうで「男性のおかげで、手術を無事に受けられた」とコメントしています。

「ちょっと話題のおっさんレンタル呼んでみたい」っていう軽い気持ちで依頼しちゃった感はあるが、本当に身寄りがなかったり頼める人がいなかった私には感謝してもしきれない。

そして今後わたしのような人間は増えるだろう、おっさんレンタルがあってよかったし、これからも繁盛してほしい。

 

そして「おっさんレンタル」のすべてのおっさんに幸せになってほしいと願う。

長くなったけど「手術の立会人におっさんをレンタルした」私の話はこれでおしまい。

大きな手術を無事に終えためんたいさん。も今自分が入院中にも関わらず素晴らしい対応をしたおっさんもどちらもお疲れ様でした。

この「おっさんレンタル」今後も要注目のサービスかもしれません。

少しサイトを覗いて来ましたが人の良さそうなおっさんから渋いイケメンのおっさんまで取り揃えていましたので貴方好みのおっさんがいるかもしれません(笑)

参照:http://buzz-media.net/surprise/20133/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です