バスの中で受けた言葉の暴力に為す術もなく降りようとした私…その時、運転手さんが言った言葉に涙があふれた!

スポンサーリンク

言葉の暴力は受けた側はそのキズはなかなか癒えないもの。

身体のキズ異常に深い痛手になることも…。

ましてその暴言が自分の最愛のわが子に向けて発せられたものだとしたら…。

想像するだけで耐え難い思いになりますね。

そんな経験をした女性の手記がネットでとりあげられました。

この女性はバスの中でひどい言葉の暴力を受けてしまいました。

そしてその雰囲気に耐えられず、バスを降りようとしたところ、バスの運転手が思いがけない言葉をかけました。

車椅子の息子

私には10歳になる男の子がいます。

ある病気のために車椅子生活を余儀なくされ、おまけに薬の副作用で身体がパンパンにむくんでまるでダルマさんのような状態になっています。

知的レベルには問題が無いため、尚のこと辛い思いを沢山味わってきました。

その日は通院の為、バスに乗っていました

いつものように運転手さんが座っている人に声かけし、車椅子専用の座席を空けてもらいました。

しかし立たされたことにカチンときたのか、その乗客はひどい暴言をぶつけました。

バスのなかであびせられた心無い暴言

「ブクブクして醜い」

「どうして税金泥棒に席を譲らなくちゃいけないの」

「補助金でいい思いしているくせに」

「世の中の役にたたない。なんで生かしておくの?」

思い出してもムカムカ腹が立ってくるような言葉。

それも私たちに直接言うのではなく、聞こえよがしに仲間内でこそこそと…。

小さい子供連れのママグループでした。

息子もその言葉にいたたまれなくなり、

「お母さん降りようか?」と言ってくれました。

息子は耳が聞こえにくいので、声が普通より大きくて発音もはっきりしません。

その息子の言葉に「きもっ!」と一言。

もう耐えられない!

あまりの酷さにブチキレた私。

「何か息子がご迷惑でもかけましたか?」と言ったら笑いながら、

「何か?だって~うけるw」とあざ笑ったのです。そのうえ、

「あんなのにうちの娘に目をつけられたくない!」

「頭がないから暴行されても泣き寝入りじゃん」

と言われました。

そしてとうとう私は・・・

『奥さん、降りてください!』

さすがにもう耐え切れず、次の停留所でバスを降りようと思いました。

そしてバス停に止まった時、運転手さんに

「えー、奥さん、ここで降りてください」と言われてしまったのです。

『あ~もういいよ、苦情だけ入れて二度とこの路線乗るもんか』

と思いながら車椅子を外そうとしたその時、運転手さんは言いました。

乗客が迷惑

「あっ、お母さんじゃなくて」

「後ろの奥さん方、あなた方が乗っていることによって他のお客さんが迷惑をこうむっているのでここで降りてください」

一瞬のことで、私はポカンとしてしまいました。

息子もポカンとしています。

ついでに子連れママたちもポカンとしています。

そのうち他の乗客が口々に、

「さっさと降りろ!うざいんだよ!」

「食べこぼしは片付けていきなさいよ!」

「さっさと 行け!」

と言いました。

運転手さんの言葉に皆の良心が目覚めたようでした。

ママグループは降り際、

「クレーム入れてやる、覚えとけ!」と捨て台詞。

すると運転手さんは、

「はい、どうぞ。バス代いりませんからさっさと降りてください」

と毅然と言ったのです。

捨てる神あれば…

ママグループが降りてからお礼を言ったところ

「迷惑行為排除は我々の仕事ですから当然です。気にしないでください」

と言われ、もう涙があふれてきました。

これまで冷たい視線ばかりかと思っていました…。

「捨てる神あれば、拾う神あり」

世の中捨てたもんじゃない、と実感しました。

お母さんの言葉

運転手さんの言葉に感激して胸が熱くなり、涙がとまりませんでした。

運転手さん、優しい心を 本当に有難うございました。

難しいことではありますが、私も運転士さんのように苦しんでいる人に勇気を与える言動を心掛けたいです。

如何でしたか?

本来なら労わられるべき親子に、こんな理不尽な言葉の暴力を投げつける行為は許されませんね。

息子さんの心の痛みを思うと本当に辛いです。

でも心ない言葉を発する人がいる一方で、勇気をもって愛ある行動を向けてくれる人が必ずいる。

その優しさをを力にして、逞しく愛情深く育っていくことを祈ります。

引用:Buzzmedia(バズメディア)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です