【涙腺崩壊】病気と闘いぬいた4歳の少年。最期にただ1度だけ目を覚まし母へ遺した言葉に涙が止まらない

死にゆく子供が母親に遺した最期の言葉


アメリカ・メリーランド州在住のルース・スカーリーさん。

彼女は先日、何よりも大切な4歳のわが子を亡くしました。

4歳の誕生日を迎えたばかり、まだ幼いながらにその生涯を終えてしまったノーラン君です。

スポンサーリンク

ノーランの病気が判明したのは2歳のころ。

風邪だと思われたその症状は、収まるばかりか悪化していき息をすることさえままならなくなったというノーラン君。

病院での検査の結果『横紋筋肉腫』と呼ばれる悪性の腫瘍が見つかりました。

そこから、ノーラン君とルースさんの闘病生活が始まりました。